6月, 2014年

風水占いの歴史

2014-06-12

風水占いは色々な媒体で見かける事があると思います。
裏を返せば、それ程よく当たる占いなのでみかける回数が多いと言う事なのです。
それでは、風水占いの歴史から見て行きましょう。
風水占いはもともと、中国の考えです。何と2000年以上も前からあったと言う説がある程です。
建物等の位置で物事の良し悪しが分かる事から良く利用されて来たようです。
これだけ長く続いている風水占い。当たる占いだからこそ、2000年以上も利用され続けているのですね。
では何が占えるのかを確認して行く事にしましょう。
まずは健康についてです。
例えば家で寝てはいけない方向で寝てしまうと、健康にあまり良く無い影響を与えると言われています。
でも安心して下さい。
良い運勢にするには寝る方向を変えれば良いのです。これだけで健康運がアップします。
当たる占いですし、とても簡単に対応する事ができますね。
次に相性についてです。
これも健康と同じで例えば家で寝てはいけない方向で寝てしまうと、夫婦仲があまり良くなくなると言われています。
これも同じように寝る方向を変えてみて下さい。
当たる占いを実感して夫婦仲が良くなって行く事でしょう。
次に分かるのが仕事運です。
ライバルよりも早く出世する事ができるのか、上司や部下、同僚との仲がうまく行くのか等を占う事ができます。
もし出世が早くなると言う結果が出たら楽しい気分になりますよね。逆の結果が出たとしても、例えば家の中にある置物の位置を変更する等の簡単な方法で対策できます。安心して占いを受けてみましょう。
そして当たる占いである事を実感しましょう。
最後に運気です。
玄関等の外に直結している部分と運は大きく関係します。
良い結果が出た場合は、そのままにしておくと良いでしょう。
そうで無い場合は玄関に置物を置いたりすると良いでしょう。
みるみるうちに、良い方向に変わる事でしょう。

Copyright(c) 2014 当たる恋愛占いで相性診断 All Rights Reserved.